キラキラ☆プリキュアアラモード 第十話感想

 キラパティいきなり繁盛してますやん、どうした?
って、ゆかりさんの美貌とあきらの格好良さで売れてたのね、けっして味で売れたわけではないような(汗)

 いえいえ、わかりますよ、ゆかりさんみたいな可愛い店員さんがいたら自分だって通っちゃいますもの(;^ω^)
で、如何やらプリアラさん組は町で行われるスイーツの祭典に参加するようです、ゆかりとあきらは材料を買い出しにでかけますが、その隙にゆかりさんとあきらのファン軍団きたー。

 もうてっきり二人のスイーツ目当てかと思ったら違いましたね、この店は二人にふさわしくないとか。
だってねえ、本人たちが好きで来ているんだからいいじゃんと思いますが、いちかたちも同じ思いですな。

 このファン軍団がまた髪型さえ違いますが全部同じ顔という・・・どっかで見たような感じだよな~と・・・ハッ!
あれだ!パタリロの玉ねぎ達だ(w

 本筋の方はうまい具合にギャグってます、その中にきちんと性格設定やお互いの理解とか入れてくるあたり上手いですね、最後は「あきら」「ゆかり」って呼び捨てになったましたし、まあ傍から見ればベストカップル間違いなしです(笑

 最終的にはキュアホイップがリーダー的になっていくのだろうとは思いますが、各キャラの見せ方が上手いですよね、けっしてモブにはならないように各々見せ場を作ってますもの。

 最後はファン軍団をもキラパティのお客にしてしまったようでキラパティ安泰でしょうか。
チョイとした遊び心も満載で、最後みんなでタルトを食べている場面ではひまりがタルトを頬ばってましたがまんまリスの頬袋でしたね、さすがキュアカスタードと感心しちゃいました。

 次週はいよいよスイーツ祭り編のようですが、このままいくのか?って新たな敵キャラが出てきましたよ、妖精ではなく人間形態です、たぶんイケメン?、マスクを着けているので顔がよくわかりませんね、これって今までのパターンから行くとマスクを取って友達として近寄ってくる>実は敵>正体ばれ>寝返り>味方になる、の流れでしょうな。

 ここでハタと気づいた事、いままでのプリキュアさんは所々にギャグを混ぜてきていましたがプリアラさんはその逆をやっているみたいです安定のギャグがメインでその中にストリーを上手く通してきていますね、なかなか面白いです。

 とりあえず・・・
フルーツタルトが喰いたくなりました(爆


テーマ : キラキラ☆プリキュアアラモード - ジャンル : アニメ・コミック

キラキラ☆プリキュアアラモード 第九話感想

 さあ放課後!キラキラパティスリー開店ですって、まるで部活動ですね(笑
みんなでお店に集合・・・ら?

 えぇ~!!
お店って常設店じゃなかったのか!
いやいや折りたたんで何処へでもお店を開けるって、これなら法の目を盗んで営業できますね、って同じ店同じ店員がポコポコあちこちに現れたら思いっきり不自然で怪しいじゃん、お客さんなんて来ないよ、やはり来ませんでした(爆

 そうね、こんな怪しいお店地元の人は先ず行かないやね、やってきたのはクッキー探して街にやってきたた一見さんですた。
一見さん、今週からレギュラーでケメン枠の恋バナか?と思いましたが違いましたね、まあ確かに恋バナではありましたが。

 お話し的にはスイーツで人を応援するって流れが出来上がっているようですが、それが伝説のパティシエ、プリキュアの役目でいいのかな。
 どうも敵の真意が見えてこないんですが、やっぱバイキンマンポジ?戦闘もおまけ程度にしかみえないですけどそれほど不自然じゃないから面白い、一話完結で一年間押し通すならそれもまた良しだと思います。

感想総括
とりあえずクッキーが喰いたくなりました(笑


テーマ : キラキラ☆プリキュアアラモード - ジャンル : アニメ・コミック

キラキラ☆プリキュアアラモード 第八話感想

 スイーツショップ、キラキラパティスリー開店できませんと言いつつ最後には開店してましたね(笑
ぶっちゃけ開店できないのは大人の事情(法的問題)かと思ってましたけど、お子様向けの番組でやはりそれは無かったですね~。

 それぞれの役割分担がバラバラだった五人がペアを変えることでうまく回りだしました。
今回すごく面白かったですわ、それぞれの個性がきちんと描かれていたしそれを嫌味なくうまく調和させていたし、う~んゆかりさんいい女だねぇ(そこかい!)猫の気まぐれっぽさをうまく取り入れてますわ。

 ふと思い出したことがあるんだけど、何とは言いませんが(今までプリキュアシリーズ観てきた人にならわかると思う;´∀`)、一話完結の面白さ、前後の話をを観ていなくても単発で楽しめるアニメってこういう作りだろうとしみじみ。
 かと言って全体の流れを疎かにしているでなく、きちんとした流れが一本通っている、このノリで一年あっても飽きなさそうですね。

一つ難解な点が・・・。
お店の外観に対して店内の空間がその何十倍もありそうなところがとても不思議でありました(笑
こんなスイーツショップが本当にあったら(もちろん店員さん含めですが(^-^;)マカロン目当てで通い詰めてしまいそうです。

あれ?そういえば今週は一分間クッキングが無かったですね・・・あ、せっかくスイーツ題材のプリキュアさんなのですから、プリキュアパンではなく劇中のスイーツ売り出しませんかね?(不味かったら爆死ですな)


テーマ : キラキラ☆プリキュアアラモード - ジャンル : アニメ・コミック

キュアレモネードTシャツ

 東映アニメーションオンラインショップ限定受注生産で大人向けプリキュアさんのTシャツがありました、それも各プリキュア一人ずつで全員分出すところがスゲーですよね、初代から始まって今はどの辺の受注だったっけ?
 
 まあ自分はキュアレモネードの受注が始まった一月にすぐに注文しました、それがやっと届いたですよ!(^^)!

キュアレモネードTシャツ 001
新規書下ろしのイラストはなんと可愛い♡
 

 着たいのはやまやまなれどなやんでおります、いい歳して恥ずかしいってよりももったいなくて着られないってのが正直なところ、無印5の時にコスパから販売されていたレモネードのTシャツは着ちゃいました、今でも極々たまに着てますがやはり痛んだり退色したリが気になって頻繁には着られないです。

テーマ : YES!プリキュア5 - ジャンル : アニメ・コミック

キラキラ☆プリキュアアラモード 第七話感想

 次回はレッツラお店作りですか、レッツラ・・・レッツラ・・・  なんか凄く懐かしいフレーズのような気が・・・!
「レッツラゴン」だ!(おっさんです)
 ネタが判る人もおっさんですな(w

 さて今日のお話では物語の始まり、いきさつが判るらしいというので期待していたのですが、僕の脳みそでは理解できませんでしたorz
 とりあえずドーナツが食べたくなりました(汗

 まあキラキラルの捕りあいで爆発が起きペコリン達妖精さんは散り散りなったという処は理解できたんですが、敵の正体が?であります、ペコリン達と同じ妖精なのかそれとも別世界から来た侵略者なのかよくわかんねーです。

 やはりゆかりはあきらの事を知っていたんですね、ほの字いちかのことを面白がってみていたようです、以前もあなた面白いわねって言っていたし、ゆかりにとってはいい おもちゃ 興味の対象ってところでしょうか。

 ふっとばされたいちかを抱きとめて助けたのは今週もあきらでした、いやこれ完全に狙ってますね、プリアラさんの高校生二人組、巷では結構な人気のようで(特に女子オタ➡婦女子に非ず)
四人同時の変身バンクはひまりだけレッツラまぜまぜゆうてましたけど、やっぱ台詞が長すぎると時間的制約があるんだろうと。

やはりお子様向けということで細かい設定や背景は掘り下げないのかな?これからのお店作りも唐突いえば唐突だし、子供だけでいきなりお店作るってったってねえ、元々妖精さんが世を忍ぶ仮の場所としてスイーツショップを開いていてそこへ集まってきたいちか達がプリキュアになるとかだったらもう少し素直にお話に入り込めただろうにと思うのは大友の悲しい性ですかね。


テーマ : キラキラ☆プリキュアアラモード - ジャンル : アニメ・コミック

キラキラ☆プリキュアアラモード 第六話感想

 感想の前に。
実は昨日「映画プリキュアドリームスターズ」の試写会に行ってきました。

 簡単な感想でもブログにアップしようかと思ったんですが、極力ネタバレは避けようと言うことで今回記事は見送りました。
したらばなんすか?今日のプリアラさんOPでもう映画の一部流してますやん(汗)、それも思わず受けて吹いたシーンがバッチリと(大汗)
 いやいや驚いた。
で、映画は単純に面白かったです、ちょっぴり泣きました。プリキュア映画の王道です、細かいことを言えばきりがなくなりますが、「こまけーことはいいんだよ!」のノリと勢いで全てを見せてくれる映画でした、まあ「あら?お前にそのセリフは早すぎね?」てのはありましたけどね(笑)
姫プリさんもマホプリさんもしっかり活躍してくれたし満足です。やっぱはるはるは良いな~としみじみ見ほれました。

 それでは本日の感想をば。

お隣に越してきた剣城あきらをすっかり男だと思い込んでホの字になったいちか、そんないちかの部屋へひまり、あおい、ゆかりがやってきます。
ゆかりは「剣城あきら」という名を聞いて何か感づいたようです、近くの高校へ通っているということなので設定上はゆかりと同じ学校じゃないのかな、って公式設定の制服姿は同じ学校じゃん。

 ひまりとあおいはいちかがデコレーションした犬のチョコをみてあきらが「かわいい♡」と言ったのを受けてあきらがもしかしたら女の子なのでは?感づいたようですね。

 しかしあきら(キュアショコラ)の設定もあざといですな、中の人が元タカラジェンヌだからって変身シーン~登場、BGMまでまんま宝塚ですやん、変身が解けてしまったいちかをお姫様抱っこで助けたり、完全に確信犯ですね。
だけどいちかさん、あきらがプリキュアに変身してイヤリングまで付けたんだからその時点で気づけよな(笑
そんなことに気づかないくらいホの字になっちゃているんだろうけどさ(爆)

最後はいちかのおとうさんが「お姉さんができたみたい」と「気にしないで、よく間違われる」のダブルコンボで爆死でありました、いちかちゃんご愁傷様。


テーマ : キラキラ☆プリキュアアラモード - ジャンル : アニメ・コミック

キラキラ☆プリキュアアラモード 第五話感想

 いやはや、キュアマカロン色っぽ過ぎるぜ。
やっぱりどうみても女子高生には見えねーです、どう割り引いても二十代後半、色気むんむんっす。
あぁ猫になって撫でまわされたいと思ったのは内緒(w
ところで学校でイヤリングしててもいいんかい?


 さておき、何でもそつなくできてしまうってえのは本人にしてみればつまらないようで、周りからチヤホヤされればされるほど黄昏てしまうみたいです。


 それがいちかという (新しいおもちゃ)  興味の対象との出会いによって変わっていくのが面白いですね、何でも出来てしまうはずだったのに事マカロン作りはうまくいかなかったようでムキになるところがカワユス。

 ペコリンとか敵とか目の前に現れても動じない神経のずぶとさには???ですけど(笑
プリキュアさんの変身観てもたいして驚かねーのはどうなん?

 ていうか、キュアマカロンに変身したら色っぽさ倍増ですにゃ、そのコスのまま水商売できそうです、こんなおねーさんいたらなでなでされに通いそうです←結局そこかい!

 ラストで現れた剣城あきら、あれ?いちかさんホノ字ですやん、ちょっと待て、それ男じゃねーよ、女の子だよ。でもラストシーン観ただけでは男の子にしかみえませんが、次週一波乱ありそうで楽しみだ。


テーマ : キラキラ☆プリキュアアラモード - ジャンル : アニメ・コミック

キラキラ☆プリキュアアラモード 第四話感想

 本日のレシピはシュークリーム。
唐突に始まるシュークリームとバレエと人間関係が理解できないのは大人になってしまったからでしょうか、寂しい。
大人は理屈が通っていないと意味不で悩みます、お子様はそんなことないんでしょうな、ある意味浦山です(汗)

 プリキュア四人目登場はお預けで先ずは三人の友情を育てる回です、それぞれ苗字呼びから名前呼びに変わりました、愛称だったり呼び捨てだったり、ちゃん付だったりと三人それぞれの性格に合わせているようです。

 さて今回も敵はスイーツ狙い(ってか中のキラキラル)
今までのプリキュアと違って世界征服とか絶望に染めるとかは表現していません、ただただ美味しいものを独り占めしたい、ほとんどアンパンマンとバイキンマンのノリで進んでいます、タイムボカンかポケモンかとばかりに最後はキラーン☆と空の彼方へ飛んでいきますしねぇ。

 戦闘場面で敵がシュークリームを探しているのに「絶対渡さないペコ!」って手を振ってアピールしているペコリン、お前バカだろって突っ込みいれてしまったですよ、なんで隠れていないかな?

 あ、プリキュアは教育番組と言える場面もしっかりありましたな、お子さんってこういう番組見ると「私もケーキつくってみたーい」って親に言い出しますが、親としては作るのはいいけどどうせやりっぱなしで後片付けは親の仕事になることが往々にしてあるから悩みの種でもありますよね、しかるに番組内ではきちんと後片付けする様子まで盛り込んであったのには感心しました。

アラプリさんはこのままの路線で最後まで行くのでしょうか?それともプリキュアさんが五人そろった段階から新たな展開が始まるのでしょうか、アンパンマンやドラえもんのように大いなるマンネリ路線に変更するのか?それとも今までのプリキュアシリーズの路線を貫くのか気になります。

 最後の一分間クッキングはなかったですね、いきなり劇場映画のテコ入れが始まったのを見るとプリキュア人気の下落が気になります、そういえばアラプリさんという新シリーズが始まったというのにプリキュアデータカードダスの新シリーズは無いですね、これはプリキュアさん遂にデータカードダスから撤退でしょうか。

さてさて来週はやっと四人目のプリキュア登場です、高校二年の設定らしいですがどう見ても三十近い年増に見えてしまいました(汗)
今週のラストシーンでいちかとゴッツンこするもんだと思ってみていたけど単に笑われただけ、チョイ拍子抜けでありました。


テーマ : キラキラ☆プリキュアアラモード - ジャンル : アニメ・コミック

キラキラ☆プリキュアアラモード 第三話感想

 三人目のプリキュア、キュアライオン・・・じゃなかった(笑) キュアジェラート発進です。
あのアイスというかジェラートですか、あれを見て仮面ライダーウィザードを思い浮かべたのは僕だけじゃないはず、そう信じたい(汗

 三人目の青いプリキュアはアマチュアロックバンドでのボーカルを務める「立髪あおい」中学二年、これで中学生トリオがそろいました、あ後に控える二人は高校二年生です、中学生トリオとどう絡んでくるのか楽しみです。

 今回ちょっと気になったのはあおいがスイーツ好きだという描写がとりたててなかったことであります、そりゃ普通にアイス好きだって場面はあったけど、先週のひまりのようなスイーツオタ設定に近いものがあるのかなと思っていたもので。
 どうも目指しているのはボーカリストみたいなのでパティシエとは違うんじゃないかと。
来週の予告では一緒にシュークリームを作っている場面があったけどなんだか無理やり感が半端ねーです。

 さて、戦闘シーンでありますが、なんだかんだで肉弾戦やってますよね?そりゃ以前に比べたら殴るけるは少ないとは思いますが、あれを肉弾戦じゃないと言っても見ているお子さんはぜったいに信用しないと思います、更にれっつらまぜまぜで繰り出す拘束技に使っているのはどうみたって生クリームだったり ねるねるねるね グミに似た食べ物に見えます、始まる前制作側の説明というかコメントではお子さんがまねするとよくないから肉弾戦は排除、食べ物がテーマだけど食べ物投げたりもよくないのでそういう事はしないって言ってたとおもうんだけど。
 そんなこと言ってなきゃ普通に面白く観られるんですが、偉そうなこと言っておいてこれですか?って感じになってしまいます、設定上あれは肉弾戦ではありません、拘束技につかっているのも食べ物ではありませんと言ったって、そんなこと知らずに見ている子供は殴るけるしてるじゃん、食い物で攻撃してるじゃん、ってなりますよね。

 敢えて言わなくてもいいようなことを大上段で言うから、それがなければもっと素で楽しめるのにと感じてしまいました。
世の中には言わなくてもいいようなことを偉そうに語る大人が多すぎます。

さて来週は、あれ?四人目は登場しないみたいですね、てっきり5週で全員揃うのかと思ってました。


テーマ : キラキラ☆プリキュアアラモード - ジャンル : アニメ・コミック

キラキラ☆プリキュアアラモード 第二話感想

 満を持して、いや僅か二週目にして黄色発進であります。
いや~、あざといなんてあざといんだ、いえねキュアカスタードのことじゃねーです、制作側のことであります、これもう制作側は確実に狙ってきてます。

 有栖川ひまりはおたくです、半端ないスイーツおたくです、観ているオタが感心するくらいのオタ設定です。
更にプリ5におけるのぞみとうららの関係をなぞっているくだりはかなりやばいです、いつもボッチで本を読を読んでいたひまりに初めて友達と思える対象ができた、遠慮して言い出せないひまりだけど、そのいちかに「だってもう友達じゃん♪」って言わせるあたりは、思わず何てプリ5!と感激しちゃいました。

 ビジュアル設定にしてもツインテールじゃないにしろ、小柄で切りすぎた前髪が特徴的でくるくるとした瞳はその色も併せてうらら的でまるで女優うららがメイクを施して演じているんじゃないかと思ってしまいました(汗

 まあうらら贔屓はこのへんにして、やはりアラプリさんは過去作をよく研究しているなと思わせられました。
5週目までは各プリキュアさんが登場するようですから敵も含めて設定紹介だと思います、アラプリさんの敵は今までと違ってバイキンマンポジみたいな感じですよね、だけどどうやら一匹だけじゃないようです先週今週と見るに最低5匹は出てくるのでしょうか。

 肉弾戦はしないと言いつつ今週はキュアホイップが蹴りを決めてましたけど、いいんかい?
ともあれなんかアラプリさん観るのが楽しみになりました。

・・・・・単に今回の黄いろキャラがお前の嗜好にドはまりなだけだろ?ってのはあえて触れないでください(大汗)


テーマ : キラキラ☆プリキュアアラモード - ジャンル : アニメ・コミック

キラキラ☆プリキュアアラモード 第一話感想

 プリキュア新シリーズ キラキラ☆プリキュアアラモード 始まりました、これから一年間楽しませてくれると嬉しい(希望)

先ずは大まかな感想をザックリと。
お子様向けというか幼女様むけの色合いがより濃く伺えました。
お子様向けお料理番組でしょうか、次週から舞ちゃんが出るからどうしてもその感を強く感じます。
掴み(導入)からお母さんは世界的に有名なケーキ職人で各国を飛び回っているのかと思えばお医者さんでした、今後の展開に何か伏線でもあるのでしょうか。
電話機が何故か黒電話、それもあの形は初期の頃のジャン、なんでやねん!
プリキュアの伝統ともいえる顔面キャッチがあったので一安心(w
最初のジャンプで驚くのもお約束ですね(笑
肉弾戦がなくなると聞いていました、確かに直接的殴る蹴るは無かったですがあの攻撃はどうなんだろう?
食べ物を攻撃に使うのは子供が真似するとよくないのでやりませんと制作側のコメントがあったけど今回の攻撃って生クリームを使っているように見えます、もし制作側が生クリームじゃないと言い張っても生クリームにしか見えないよ。

 総合的に現在お子様受けしている長寿番組を基にプリキュアスパイスを加味して作られているような感じを受けました、それが悪いことだとは思いません、本来の視聴者である小さなお友達の心に残る番組になればそれが最善です。

 キャラの魅力についてはこれからのことですしどう成長していくのか見守るのもプリオタとしての責務だと思います(笑
いやそれにしても次週でもう黄色が出てくるとは思いませんでした、例年にならい黄色は三週目だとばかり(汗
ビジュアルもまるで幼女うららを基調にしたような切りすぎた前髪が特徴的で激しく気になりますな(爆

しばらくの間客観的におとなしく見守りたいと思います。

キュアホイップの髪のボリュウムが凄すぎて首がもげるんじゃないかと余計な心配をしたのは内緒(笑



テーマ : キラキラ☆プリキュアアラモード - ジャンル : アニメ・コミック

キラキラ☆プリキュアアラモード

 初めて見たときはケモナーじゃん、東京ミュウミュウみたいじゃん、って思いました、自分だけじゃないよね(笑

変身アイテムの宣伝観てスマイルパクトを思い出して不安になりました(^-^;




とりあえず始まってみないと何にも言えませんから楽しみに待ちましょう。


 

テーマ : キラキラ☆プリキュアアラモード - ジャンル : アニメ・コミック

魔法つかいプリキュア!第五十話(最終話)感想

 ついに最終回、マホプリさん並びにご出演及びスタッフの皆様お疲れ様&ありがとうございました。

 さあ端的にいきます。
良い最終回でした、事実上の最終回は先週でしたので今回はどう纏めてくるのか気になっていました。

次作への引継ぎも盛り込む手法は見事で恐れ入りました、一年間で培ったエピソードを嫌味なく奇麗に納めていました。

さてここからは極々私的に思ったことです。
次作への引継ぎ含め二十数分の中に収めきれてしまうということは一年間という時間は必要だっやのか?収めたエピソードを見てみてもそれだけで成り立ってしまっている、端的に言えば搔い摘んだ数話と最終話だけ観れば全て繋がってしまう、混沌さえも無くてもお話が繋がってしまうような最終話に思えました。
けっしてつまらない最終話ではありません、本当に良い最終話だったと思います、だからこそこの一年間が非常に薄く感じてしまいました、この最終話に持ってくるなら一年いらないだろうと、半年あれば凝縮して描ける内容だろうと、それを一年かけたら薄くなるのも当たり前(つまらないという意味ではありません)、薄味のジュースを物足りないからとがぶ飲みしてお腹いっぱい、最後に底に残った濃い部分を飲んで何とか満足、そんな気持ちです。

さて来週からはいよいよ新シリーズのアラモードさんたちが登場ですね、どんな活躍を見せてくれるのか楽しみです、ぶっちゃけ黄色い子がビジュアル的にもすごく気になっています(汗)

 早速新商品の宣伝も入ってきましたね、返信アイテムはコンパクトですか?・・・・・・あら?どこかで見たような、なんかスマイルパクトそっくりに見えるんですけど(汗)、これ並べて置いておいたら混同しそうじゃないですか!なんだかな~。


テーマ : 魔法使い プリキュア! - ジャンル : アニメ・コミック

魔法つかいプリキュア!第四十九話感想

 最終決戦でした、事実上の最終回です。

あくまで自分が思ったことです、議論するつもりはありません。
マホプリさんは前作の姫プリさんを踏まえたうえでよりお子様寄りに振った作品なんだと思った次第です。
姫プリさんは幼女様には少し解りづらい部分があったと思ってます、制作側のコメントでも視聴者のお子様がもう少し大きくなったら見直してほしい(意訳)とのコメントがありましたよね、だからマホプリさんはその難しい部分を大幅にカットして制作されたんじゃないでしょうか?
その上でプリキュアの根底に流れる思いや姫プリさんのポイントをしっかりと押さえてあるように感じました、たとえ離れていても強い思いは繋がっている奇跡は起きる、これはプリキュアの抑えるべきポイント、そして姫プリさんからは時間経過により成長した姿、マホプリさんは女子大生くらいでしょうか、更に姫プリさんではるかとカナタが再開できたかどうかで大きなお友達をヤキモキさせたラストシーンを先に進めて、桜の花びらが舞い散る十六夜にみらいとリコを再び巡り合わせるシーンを描いてい視聴者を安心させる、そしてもう一周使い来週はエピローグで締める、お子様に解りやすく安心できる最終回にするんだと思われます。
 だからこそネタ仕込みなどは数か月単位で変えていったんじゃないでしょうか、良く言えば「解りやすい」悪く言えば「軽い」そんな感想を持ちました。

 良くも悪くもプリキュアさんは前作までの経験を踏まえたうえで制作されているんだな~と感心した次第であります。



テーマ : 魔法使い プリキュア! - ジャンル : アニメ・コミック