キラキラ☆プリキュアアラモード 第四十四話感想

 アキラ回であります。
妹みくのために医療研究者を目指すと決めたアキラ、しかしみくは自分のせいでアキラの将来を縛り付けてしまったのだと思い悩みます。

 やはりここに来ての個人回は最終回を踏まえての独り立ちに対する布石であると確信できました。
多分姫プリさんに倣ってのことだとは思われますが、あまりに唐突過ぎる気がします、アオイはバンドをやっていたり、ヒマリはスイーツ研究が好きだったり、アキラは妹が長期療養中だったりとある程度の下地はあったにせよ如何せん夢に対する思いの強さが描かれてこなかったことが原因では?と思います。

 姫プリさんは一年間全編通して「夢」を追うという大きな道がありました、しかしプリアラさんは題材をスイーツと言う一つの「物」に縛ってしまった為に夢の枝葉を広げられなくなってしまった気がします。
 だったら枝葉を広げずにスイーツを極めればいんじゃねえの?と感じるのですが・・・
ここにきてこの描き方ではスイーツ造りは一時の寄り道にしか思えなくなってしまうのではないでしょうか、シエルのようにスイーツに情熱をかけるキャラがいるのに勿体なく思えてしまいました。

 こんな感想も最終回を迎えてみないと危惧に終わるかもしれませんが、是非ともそうなることを願います。


テーマ : キラキラ☆プリキュアアラモード - ジャンル : アニメ・コミック

コラボカフェ

 もう先週の話ですがアニメのコラボカフェとやらに行ってきました。
先週日曜のゲームイベントが終わってから友人であるおさむ氏と待ち合わせをして向かうは渋谷、何のアニメかてえと何やら今人気沸騰中の「宝石の国」コラボカフェであります(注:開催期間は12月4日までですので既に終了してます)

 何でまたと言うとアンタークチサイトと言うキャラを演じているのが伊瀬茉莉也さんだったりしますので(^-^)←またか・・・って言わないで(笑

着いてみればお客さんの9割以上が女性でキャラモチーフや世界観からいって当然なんだろうけどビックリしました、そう俗にいう見るからにオタってえのがいない。
カフェ 001
こちらが伊瀬さん演じるところのアンタークチサイト

カフェの隣では「宝石の国」展をやっていたのですよ。

カフェ 002 カフェ 004

カフェ 006

カフェ 003
注文はこれまた当然のようにアンタークチサイト(笑

カフェ 008
更に帰りがけにはアニメイトへ寄り道して宝石の国ポストカードもゲット

カフェ 007
カフェのコースターとカップもお持ち帰りでありました。

ところで・・・
うららさんなんでアンタークチサイトのカップの中に?

カフェ 009
だってほら、「中の人」ってことで(w

テーマ : ヲタク人日記 - ジャンル : アニメ・コミック

キラキラ☆プリキュアアラモード 第四十三話感想

 ひまりん回、黄色回です♪
ここ年末にきての個人回。今更積み重ねや成長を描いてどうする?って思ってましたが、先週のアオイ回を観終わって感想書いて、今回のひまり回でなんとなくわかった気がしました。

 すでに成長してるやん、つまりこれは最終回における各個人の未来に向けた布石なのでは?
なんとなくだけど各々が独り立ちしていく姿が思い描けるストーリーですよね、みんながそれぞれの未来に向かって歩き始めるそんな最終回になりそうな気がします(違っていらた大ボケですが(^-^;

 さて次週はアキラ回ですどんな未来があるのでしょうか?



テーマ : キラキラ☆プリキュアアラモード - ジャンル : アニメ・コミック

キラキラ☆プリキュアアラモード 第四十二話感想

 解散の危機に陥ったアオイのバンドをめぐるお話でした。
結局解散はするようですがアオイはバンドに関係なく音楽の道を進むというオチなんですな。

 そうすると極端な話バンドは単なる手段でしかないような気がします。
それはおいといて、声を奪われてしまったアオイでしたが心で歌う・・、いや制作側の描きたい思惑はなんとなくわかるんですがちょいと無理ありすぎるんじゃね?って感じました。

 心を込めて歌えば思いは通じるならわかるんですが、以心伝心とかテレパシーじゃないんですから声が出なくて聞こえるわけがないのに仲間内ならともかく一般大衆にまで想いが届くてえのは無理過ぎじゃあ・・・。

 もう少し上手い表現方法を模索するべきだったと感じます(悪く言えばやっつけ仕事だよね)
ここ年末にきて個人回をどう最後に繋げていくのかが気になりますけどねぇ、願わくばあっと驚くようなビッグサプライズ的な結末にしていただけると嬉しいです。


テーマ : キラキラ☆プリキュアアラモード - ジャンル : アニメ・コミック

2018年度のプリキュアさんはどうなる?

 例年通り 特許庁 の公示に2018年度のプリキュアさんのタイトルがあるようです、もう一月もすれば公式サイトも出来上がるでしょうし来季もプリキュアシリーズは続くよう大友プリキュアファンは一安心といったところでしょうか。
「Hugっと!プリキュア」・・・いつもながらタイトルだけ見ると凄く不安(爆

出願番号は2017-129933

テーマ : プリキュア - ジャンル : アニメ・コミック

キラキラ☆プリキュアアラモード 第四十一話感想

 罪は消えない、どんなに更生しても自分が犯した罪は消えるわけではない、これはすごく大事なことだよね、いままでのプリキュアさんでは仲間になればやった悪事は帳消しみたいなことが往々にしてあったから(全部とは言いませんが)そのことで葛藤する姿をもう少し丁重に描いてくれれば尚良でした。

 今回のお話は敵がリオに化けて悪さをしてリオに罪を擦り付ける作戦、それによって追い込まれるプリキュア側が真犯人を探して疑いを晴らすというストーリーでしたが王道と言うにはあまりにもそのまんますぎる気がしました、王道が面白いのは王道だからじゃないです、王道という一本の太い道がありそれをどう通すか?が要ではないでしょうか。

 あ、今回エリシオさんが変身しましたね、なかなか格好良かったですが某カードバトルアニメに出てくるキャラにしか見えなかったのは自分だけではないはず(笑

 さて来週は、ここにきて再度個人回のようです、葵ちゃんの夢はどうなる?


テーマ : キラキラ☆プリキュアアラモード - ジャンル : アニメ・コミック

キラキラ☆プリキュアアラモード 第四十話感想

おっ!いきなり説明してくれました、パワーアップしたプリキュアさんたちが敵わない敵にパワーアップ前のプリキュアさん達に敵わなかった復活したリオが敵う訳無いと思ってましたが「祭壇で寝ていたからパワーアップした」・・・こじつけだと思うけど(笑
 いやいや、スイーツキャッスルてえから高額箱物販促回かと思いきや箱ものじゃないのね(汗
大まかな感想は、「ごちゃまぜ回ですな」
熱い展開を勢いで見せてくれましたが大友的にはむちゃくちゃアイデアの借りまくりにみえますた、最後の怪獣形態なんてまるでゴジラじゃん(はい、今日ゴジラ怪獣惑星観てきたんで余計にそう思えます。
砕け散った破片が奇跡を起こすなんざプリンセスプリキュアかしら、レッツラお着替えってウエディングピーチじゃないんだからさ、グランプリンセスでもねーでしょうに(汗
 新規顧客の幼女様たちに新鮮に映ればそれでよしって魂胆が見え見えな気がする、ここまでシリーズが長いと似た要素が出てくるのはしょうがないと諦めるしかないのかもしれませんね(-_-;)
 次から本気出すてえ決め台詞も耳タコですわい

なんだかんだ愚痴りながらも見てきて残すところ10話切ってますもん、ここまで来たら見届けますよ。


テーマ : キラキラ☆プリキュアアラモード - ジャンル : アニメ・コミック

キラキラ☆プリキュアアラモード 第三十九話感想

リオの復活回でありましたな。

 イチゴ山では各地の妖精が集まって対ノアール対策会議を開くことになりました、妖精ってどのくらいいるの?と、キラパティの周りにはわらわらと妖精たちが、いや~いきなり見たらきっと気持ち悪いと思うんすけど(汗

 各地の長老たちは妖精には戦う力がない(意訳)と後ろ向きな意見鹿出てきません、苺坂妖精の長老が「プリキュアがいる」と言ってもにわかに信じがたいようです。
 そこでプリキュアさん達はキラキラル溢れるスーツを造ってみせ、妖精たちにふるまうことで信頼を得ますが・・・。
う~ん、この表現なんだか一般市民にわいろをばらまいて票集めする政治家にしかみえないんすけど(大汗

 まあとにかく買収は成功してみんなでスイーツ造りに励みます。
そんな最中、敵さんはイチゴ坂商店街に狙いを定め商店街の人たちを闇に染め戦闘員に仕立て上げてしまいました、異変に駆け付けたプリキュアさん達ですが、戦闘員が商店街の人たちだと知り戦うことができません、戦闘員はイチゴ山にも攻め込んできます、プリキュアさん達は商店街で戦闘中、山はどうなる?ここでピカリオ復活(お約束)イチゴ山ではシルエットだけでしたが街へ駆けつけたジュリオは奇麗なジュリオになってましたな(w、なんかシルエットだけみたら女の子みたいでしたけど(笑
さてさてここで疑問、ピカリオが仮死状態になっている間にプリキュアさん達は大幅にパワーアップしています、それでも歯が立たない相手に仮死から覚めたばかりのジュリオが事も無げに戦っているのって変だなーと、それとも寝ている間にパワーアップしてのか?それともより強くなるための仮死状態だったのか?
そんな疑問が残る回ではありました。

 プリアラさんも残すところ10話を切りました。
来週は更なる高額商品の投入のようです、時期的にもクリスマス商戦に突入する頃ですかタイミングはバッチリでしょうか(ww



テーマ : キラキラ☆プリキュアアラモード - ジャンル : アニメ・コミック

キラキラ☆プリキュアアラモード 第三十八話感想

 ペコリン人化は今後の展開への布石なのだろうか?今回思った一番の感想。

ともあれ見た瞬間「キューピー人形の出来損ない」はたまた「幼少期のお茶の水博士」か?と思ってしまうデザインで個人的にはとても可愛いとは言い難く(汗
ビジュアル的には個人の好みの問題ですからキャラデザした人からすれば可愛いと思ってデザインしたんでしょうな。

 お話は人化したペコリンがお使いに出るお話がメインで進みました。心配でこっそりと後をつけて見守るプリアラさん達。
まるで「初めてのお使い」を観ている錯覚陥りましたに(笑
 たまご、バター、薄力粉と歌いながらお買い物に行くペコリン、まるで落語の与太郎のお使いですね、さすがに「どっこいしょ」ネタはやらなかったか(w

 さてさて、途轍もなく疑問が沸いた回でもあります。
ペコリンはラキラルの力で人化したようです、それはそれで納得できます、そしてパワーアップした敵に負けそうなプリアラさんさんたちをそのキラキラルで助けたのもわかります、そしてキラキラルを放出してしまった為に妖精に戻ってしまったのの納得できます、しかしプリアラさん達がその放出したキラキラルを敵にぶつけて攻撃するって不自然だよね、だって敵はキラキラルを吸収暗黒化するんだからプリアラさん達がキラキラルを投げつけてきたらこれ幸いと喜ぶんじゃねーでしょうか?
 プリアラさん達の武器はキラキラルをエネルギー源にしているだけでキラキラル自体が武器になるのだったら設定的におかしいなと。

 さて来週は、
ピカリオ復活か?

 あ、ちょっと気が早いかもだけどそろそろ来季のプリキュアタイトルバレが来る季節ですな、たぶんオーディションも終わっている頃だと思います、気になりますね。



テーマ : キラキラ☆プリキュアアラモード - ジャンル : アニメ・コミック

秋アニメその後

 とりあえず気になってチェックしたアニメは数話ずつ視聴終わりました。
私的に今期で一番楽しみなのは「魔法使いの嫁」ですな、原作読んだ時からいつかアニメ化しないかなと思ってましたしイメージ的にも原作に添ってるのでこの後が楽しみです、全24話らしいので2クールでしょうか。

 「このはな奇譚」はほのぼのした感じが好きです。
何も考えずに笑って観られるのは「アニメガタリーズ」と「しょびっち」ですね。

 中には観ているのがしんどくなるアニメもありますけど録画予約はしてあるのでとりあえず最後まで観ようかなと。

チアフルーツや天使の3Pを超える(自分の中で)アニメに化けるのはどれか楽しみです。

そいえばプリズマ☆イリヤの5期制作が決定したとか、これも凄く楽しみであります。

テーマ : 2017年新作アニメ - ジャンル : アニメ・コミック

キラキラ☆プリキュアアラモード 第三十七話感想

 今日は劇場映画連動回ってことでありましたな。
ぶっちゃけ連動回と言うより劇場映画のための序章という方が正解です。

 細かい感想を書いてしまうと映画のネタバレにも関わってしまうので書かないようにしておきます。
ただ、前から気になっていた事、何故キラパティがパリで開かれるスイーツのコンテストに出られることになったのかが今日のお話でわかりました。
 昨日観てきた試写会ではその辺の説明がなかったので???でしたから(^-^;
あと一つだけ、ネタバレに近いかもですが劇場映画のメインキャラはシエルですからねー、そのへんは今日のお話から推察できますので言っちゃってもいいよね(汗

 さて来週は
あら!ペコリンの人化ですって?
可愛い?・・・・いや微妙でしょ、予告画像見る限り僕には出来損ないのキューピー人形にしか見えませんでした(大汗


テーマ : キラキラ☆プリキュアアラモード - ジャンル : アニメ・コミック

キラキラ☆プリキュアアラモード 第三十六話感想

おおぉ~!OPが劇場版になってるよ、そういや公開まであと二週間切ったんだよね、そそくさテコ入れでありますな。 

 今日は苺坂商店街の大運動会、町内対抗戦であります。
先週の予告見ててっきりアキラとゆかりの絡みかと思ってましたが違いました(汗、アキラといちかでしたね。

 全種目出場予定のアキラでしたが、ひいた風を隠して出場するもやはり途中で不調をいちかに見抜かれリタイヤすることになってしまいました。(いちか、お前はコナンかよ!と突っ込みを・・・
クリスタルアニマルってその持ち主と連動してるのね。

 それでもプリアラチーム総出でカバーする姿は微笑ましくも頼もしかったであります。
 その姿を見守るアキラは・・・・・お~い!そのベッド何処から持ってきたんだよ。と画面に向かって突っ込みを入れたのは当然です(笑、だってさスゲー不自然じゃん。

 そこへパワーアップしたディアブル登場で戦闘開始
いくらパワーアップしても結局は負けてしまうのは敵キャラの宿命ですがもう少し何とかうまく表現できないものでしょうか。

 さて来週は・・・
あら、こっちも劇場版のテコ入れ回のようであります、そしてスイーツはミルフィーユって・・・これも劇場版ですか!いやいやプッシュがすげーです。


テーマ : キラキラ☆プリキュアアラモード - ジャンル : アニメ・コミック

秋アニメ覚書

 10月から放送開始の秋アニメ、個人的に面白そうな番組を録画予約してみたので、その覚書。

〇 このはな綺譚

〇 URAHARA

〇 少女終末旅行

〇 キノの旅 -the Beautiful World- 新作

〇 結城友奈は勇者である 第2期

〇 妖怪アパートの幽雅な日常(第2クール)

〇 宝石の国

〇 つうかあ

〇 魔法使いの嫁

〇 僕の彼女がマジメ過ぎるしょびっちな件

〇 いぬやしき

以上なんですが、伊瀬茉莉也さんがキャスティングされているアニメが無い(汗)、しかし来春にはしっかりとご出演されるアニメがあるんですな、フェアリーテイル三期にはレビィ・マクガーデン役でキャスティングされています。

〇 FAIRY TAIL(フェアリーテイル) 第3期

テーマ : 2017年新作アニメ - ジャンル : アニメ・コミック

キラキラ☆プリキュアアラモード 第三十五話感想

 きょうはひまりとあおいのお話。
友情の積み重ねでしょうけど今更感が半端ねーです、なんでこのタイミング?それはさておき上流階級と庶民のドタバタもなく、無事に友情の確認ができた回でありました。

 有名スイーツ企業の発表会に招かれたあおい、スイーツ大好きのひまりを誘って参加する事になりました。
大喜びのひまりでしたが自分が場違いなのではとオドオド、そんなひまりをきちんとエスコートするあおいにこのアニメの神髄を見た気がします。

 ってあれっ?
特別ゲストでシエルが来てますやん、そしてキラパティの面々もお手伝いで。
だったら最初から判ってたちゃうんかい!っと画面に向かって突っ込みを入れていた自分です(笑

 そんな時にタイミングよく敵さん襲来(テンプレです
で、
パーティーがめちゃくちゃに・・なったようにはみえません、敵さんの目的はあくまでプリキュアさん討伐ですから。
見所は抑え込まれてのけぞっているカスタードとうち飛ばされて倒れたジェラートの太ももでしょうか(オサーン目線(^-^;

毎度ながら能書き垂れている暇があったらとっとと始末しなさいよと思いますがそんなことしたらあっという間にプリキュアさんが負けてしまいますので出来ませんねぇ(汗、

 結果としてパーティ会場を襲ったためにプリキュアさんの絆がより一層強固なものになりました。
さて来週はまたまたあきらとゆかりの回みたいですね、キラパティはやけにあきらとゆかりをプッシュするなぁと感じるのは自分だけではないはず、こういった塚感は女性受けがいいのでしょうね、そいえばキラパティのメインプロデューサーって女性だったかしら?


テーマ : キラキラ☆プリキュアアラモード - ジャンル : アニメ・コミック