魔法つかいプリキュア!第四十二話感想

 シャーキンスさん以外と呆気なく敗退しちゃいましたね。
オルーバさん弱みを握られていたチクルンは遂にプリキュア側になりましたね、どんな弱みを握られていたのかと思えば「妖精の女王様に怒られること」・・・・・えっ!?なんじゃそれ(汗)
うわぁ~、何か一気に冷めてしまった、こう、誰かの命に関わるとかもっと深刻な弱みだと思っていたのに拍子抜けです。

 そんなこんなで来週は妖精の世界へ行くようですね、はーちゃんの秘密にも迫るようです、そっちの方が楽しみだけど、これも呆気ない秘密だったら嫌だナー(-_-;)

 

スポンサーサイト

テーマ : 魔法使い プリキュア! - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

魔法つかいプリキュア!第42話感想&考察

「本来できるはずなのだ……! 本当にすまないという気持ちで……… 胸がいっぱいなら……! どこであれ土下座ができる……! たとえそれが……キンキンに冷えた…… 甘いにおいのする……… プリンの上でもっ……………!」 …とか、モフルンが言い出さなくてよかった(笑) 魔法つかいプリキュア!第42話 『チクルンにとどけ! 想いをのせた魔法のプリン!』