魔法つかいプリキュア!第三十一話感想

 はーちゃんが学校へ転入するお話しでした、相変わらず天然で危なっかしかったですね。

お話しの流れ的にははーちゃんが学校へ溶け込むまでのお話しだけど殆ど最初から馴染んじゃってました、回りがそれに引っ張られちゃってる感じかな。

 敵の新幹部はカラス天狗でしょうか?もう一方の女性幹部は遮光土偶みたいですね。

さて今週の突っ込み所は・・・
二学期の始業式、校庭の場面なんですが学校規模に対して描かれていた生徒数が少なすぎじゃねーですか?引きでの作画だからもっとウジャといてもいいようなもんですがどうでしょう。

サッカーの試合終了後場面、応援席にマホプリさん達三人しかいなかったのはちょっと不自然かしら、それとも初めから三人しか応援に来なかったのか(なわきゃないでしょ)それともみんな帰ってしまったって理解すればいいのかな。

 モフルンがまんまぬいぐるみの振りしてクタッと置かれている風を装っていたのは芸細かくて良かったです。

新たに登場したちっこいフワフワはマホウ学校の校長先生曰く妖精じゃなくて精霊、すんません妖精と精霊ってどう違うのか誰かレクチャープリーズ(汗

 なにやらマホプリさん達の品定めをしているようです、マホプリさん達を認めると一つずつキャリッジに入っていくようです。

 なんとなく、なんとなくですがマホプリさんはマックスハートをかなり意識して造っているようですね、ぱっと見は判りませんが大筋で下敷きにしているんだなって感じます。
 はーちゃんは光の園のクイーン的存在みえます、最後には一番のキーになる気がします。


スポンサーサイト

テーマ : 魔法使い プリキュア! - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

魔法つかいプリキュア! 第32話「ワクワクいっぱい!はーちゃんの学校生活!」

みんなを明るくするはーちゃんの笑顔♪ ナシマホウ界こと、人間界の学校に通うことになったはーちゃん。 スクールライフ満喫してましたね~(^^) 明るく元気になんでもこなすはーちゃん。 サッカーに興味持って、魔法でちょっとずるっこ^^; 壮太と本格的なフラグは立つのかな? 前回初登場のちんまい精霊ちゃんたち。TPO考えず現れるようで^^; でも人目をかわすことは...

魔法つかいプリキュア!第32話感想&考察

はーちゃん、サッカーを習う。 …サッカー…?(笑) 魔法つかいプリキュア!第32話 『ワクワクいっぱい! はーちゃんの学校生活!』 の感想です。