Go!プリンセスプリキュア 第四十八話感想

 プリキュアさんの正体がばれる回でした、ばれる回と言ってしまうとなんだか劣勢になってしまうような語感がありますが、致し方無く戦地に赴く必死の覚悟の回と言った方がしっくりきます。

 バレは必要にして仕方なくと言った呈で最後に向けてお話しを盛り上げるにはよかったように感じます、回りの反応の仕方やゆいゆいの立ち位置の確保必要性にまで及んでいました。
 モブキャラなりがちな回りの生徒達、そのたった一話のエピソードさえ此所に来て重要なファクターとして描かれています、今までの全てのお話しが積み重ねられて最終回に向けて一気に動き出した、プリプリさんに無駄な消化回など一話もなかったんだと。

 突如としてノーブル学園上空に現れた荊、ディスピア、驚愕する学園の生徒達事情知るゆいののもとへホープキングダムから急ぎ駆けつけたはるはる達、ここから一気にお話しが動き出す。

 変身して戦うしかない、でもみんなが見ている前で変身するわけにはいかなくて、それでも戦うしかない例え正体がばれようとも、もうお約束の塊です、それでも今までの全て積み重ねが有ったからこそ陳腐にならず、判っていてさえもドキドキする展開でした、プリキュアの正体を知って驚く学園のみんな、そして事の全てを説明するゆいゆい。
 絶望の檻に閉じ込められたゆいゆいが自分の力で檻を破るシーンはこの期に及んでまさか5人目のプリキュア誕生か?と思わせるほどの演出でした(まあそれはいくらなんでも無いでしょうけど)

 まあ余計な感想ですが、あれだけの演技を魅せてくれたゆいゆいの中の人、プリキュアシリーズが続いていくならば何れプリキュアになるのでは、いやなって下さいと願わずにはいられませんでした。

 シャットさんも良い役回りになりましたね、密かに人気が出ていただけにあっさり退場は無いと思っていましたがなんだかずいぶんと美味しいところ持って行きました、単なる変態じゃなかったんだ(笑

 さあ、残す所後二話、次回はいよいよグランプリンセスの誕生です、ディスピアも最後のようですし最終話はどんな締めくくりになるのでしょうか?プリンセスさんの総仕上げと次シリーズまほプリ、とても楽しみであります。

それでは 次回 まで ごきげんよう。



スポンサーサイト

テーマ : Go!プリンセスプリキュア - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Go!プリンセスプリキュア 第48話「迫る絶望・・・!絶体絶命のプリンセス!」

Go!プリンセスプリキュアの第48話を見ました。 第48話 迫る絶望・・・!絶体絶命のプリンセス! ディスピアが夢が浜に現れ、ノーブル学園を絶望の鋳薔薇で覆ってしまい、はるか達は学園のみんなを守るために正体がバレるのを覚悟で変身して戦うのだった。 「春野がフローラ…!?七瀬、もしかしてお前知ってたのか?」 ユウキ達から状況を説明を求められたゆいはプリキュアのことを明か...

Go! プリンセスプリキュア #48

人間界に現れたディスピアは、世界を絶望に染めようとします。今回は、ゆいとシャットが熱かったです! ホープキングダムから去ったディスピアは、人間界へと現れました。ノーブル学園に現れたディスピアは、世界を絶望へと塗り替えようとするのでした。そこに、はるかたちが帰ってきました。学園を守るため、ディスピアと戦うことを決意するはるかたちでしたが、友人や先生たちは危ないから逃げろとすすめます。しか...

Go!プリンセスプリキュア 第48話「迫る絶望…!絶体絶命のプリンセス!」

ディスピア、ノーブル学園を急襲! らんこちゃんこんな時でも安定の道化ポジション^^; 正体バレには全然驚かなくなったなあ^^; この時点でバレてるんじゃね?と思うんだけどヽ(;´Д`)ノ どシリアス展開なのにカナタが場違い過ぎて笑ってしまったww みんなの夢を守るため、はるはるたち最後の戦いへ! クロロが着せられてたフードが再度ゼツボーグ化。 学園のみん...

誰が為に夢はある―【アニメ GO!プリンセスプリキュア #48】

アニメ Go! プリンセスプリキュア 第48話 迫る絶望…! 絶体絶命のプリンセス! 絶望するためでもなく 誰かのためでもなく それは自分のためにある だから それを最後に叶えるのは やっぱり自分なんだ― さすがのGOプリ 最終決戦回! あまりの燃え展開に 以下 いつも以上に思いつくままな散文 +画像多めでお送りする感想につき ご注意くださいw...

Go!プリンセスプリキュア第48話感想&考察

「夢の力」はプリンセスのみならず、 ゆいちゃんを、みんなを強くしました…! Go!プリンセスプリキュア第48話 『迫る絶望…!絶体絶命のプリンセス!』 の感想です。