ジェンマ250の軽整備

 前回ジェンマ250のオイル交換をしてからそろそろ3000㎞になるなと思いながら走っていたらオイルチェックランプが点灯、あれ?もう少し走れると思っていたけどそっか、もう3000㎞走っちゃったんだ、やっぱりほぼ一年ですな(^_^;)

 帰り際にガソリン給油と一緒にタイヤの空気圧チェック、帰宅ってからオイル交換するついでに一度もチェックしていないエアクリーナーとプラグの掃除もすることにした。

ジェンマ250 066
ドレンボルト外すと排出オイルは未だ透明感があって綺麗だね
ドレンボルトのマグネットにも殆ど鉄粉無くて綺麗なもんでした。



 オイル抜いている間にエアクリーナーとプラグの掃除だとばかりにシートを外し、下のカバーもボルト2本とクリップ2本抜いて取り外すとエアクリーナーボックスとインジェクション、水冷のシリンダーヘッドが顔を出す。
ジェンマ250 067






 つぎにエアクリーナーボックスの蓋を外そうと留めネジを外し始めたのだが、これがまた「何でこんなに多いの?」ってくらいの数で留まっていて驚きました、それも狭い場所にまであるものだから普通の長いドライバーじゃ外せない(汗)
ジェンマ250 068 ジェンマ250 069
エアクリーナーボックスの蓋外すのに合計13本のボルトって凄くねえ?

ジェンマ250 070
開けてみれば中は綺麗なもんでした。

ジェンマ250 071 ジェンマ250 072
排出側は殆ど汚れ無し、吸気側は多少汚れていたけど未だ大丈夫でしょ。

ジェンマ250 073
購入後二年、オドメーター7000㎞
とりあえず軽く埃を払って蓋しました。

ジェンマ250 074
プラグ外すには車載の純正レンチじゃないと外せないんですね。

ジェンマ250 075
 プラグも綺麗に焼けてました、カーボンの付着も殆ど無かったです、一応真鍮ブラシで磨き上げてギャップのチェックして組み付けして作業終了。

 次回のオイル交換時にはオイルフィルターも交換しようかな。
スポンサーサイト

テーマ : 整備 - ジャンル : 車・バイク

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する