工具

 ジェンマ250に限らず最近のフルカバードタイプのバイクは一分の一プラモデルとでも言いましょうか、外装はプラパーツのはめ込み式になっています、外からボルトナットが見えるなんて無骨な造りにはなっていません、だからパーツ交換や整備の時に外装を外そうとして填め込みの爪を折ってしまいカバーがカパカパになってしまうなんて事がありがちだそうです。

 あるときバイク屋の店長が使っている外装剥がしの工具が目に止まって凄く良さげだったからで聞いてみたらシリコン系樹脂で滑りが良くカバーにも傷が付きにくく良いらしい、昔出入りの工具屋さんがアキバ(笑)で見つけてきてくれたと言うことで、自分もアキバに出かけた折り探し回ったけどアキバ界隈も品物入れ替わりが激しく見つからなかった、その後、顔見知りのスナップオン卸業者にも聞いてみたけど同等品はなかったです。

 ある日たまたま入ったカー用品店でバイク屋の店長が使っていたヘラとほぼ同じ形状の外装剥がし工具を見つけた、材質はシリコン系じゃなくナイロン系のプラ材だったけど使い勝手は良さそう、色も黄色だし(^_^;)
パネル剥がし工具 001
メーカーは車やバイク用の整備用小物を出している「エーモン」でした。

スポンサーサイト

テーマ : バイクの修理・整備 - ジャンル : 車・バイク

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する