映画 ハピネスチャージプリキュア試写会

 練馬のTJOYまで映画 ハピネスチャージプリキュアさんの試写会を観に行ってきた。
ハピネスチャージプリキュア試写会 001

ハピネスチャージプリキュア試写会 002

 一番の楽しみは来春のプリキュア映画の情報がどうなるかでした(w。
終演後の特報では 2015年春 プリキュアオールスターズ春のカーニバル公開 ダンスライブ と出ていました、映像は当然のように過去映画エンディングCGの使い回しでしたけど(^_^;)
 公開日とか内容の詳細は皆無だったのでどんな映画になるのかは不明でありました。


 上映前にロビーで見るとは無しにお客さんを見ていたら、お子様達の手に有るのがプリキュアさんのチラシじゃなくアイカツや妖怪ウオッチばかり、えっ?っと思ってチラシ置き場を覗いてみたら・・・アイカツは1~2枚しか残ってないのにプリキュアさんのチラシだけ殆ど手つかずで残ってました、何だかな~(^_^;)
ハピネスチャージプリキュア試写会 003

 さて、映画本編の内容ですが、以下若干のネタばれを含む自分が感じた個人的感想になりますので見たくない方及び批判的な記事を読みたくない方はクリックしたりスクロールしないようお願い致します。
一応「反転」させておきますから、敢えて読んだ上での苦情や反論は無しでお願い致します(汗)









 先ずお話の内容は基本的にそこそこ面白いとは思いました。
しかし演出が良くありません、複数のエピソードが盛り込まれていますが繋ぎ方が下手です、つかなんでその話になるの?それがどうしてそうなるの?と、唐突すぎる感じでした。
 場面場面は見るべき所もありたまにウルッと来る場面もあったりで良いのですが終盤にかけてお話しが盛り上がる感動シーンに持っていくまでがダラダラと長すぎます、見ていて「まだかよ?この映画随分長いな」と感じてしまったほどです、事実周りのお子様の中には飽きてしまって周りをキョロキョロ見回している女の子が随分見受けられました。

 ヒメルダに恋愛をさせると言う触れ込みだったのでどんなだろうと思っていましたが、あれ恋愛と違うと思います、ヒメルダが勝手に発情しているだけです、冒頭から「キス、キス!!」騒ぎ回って凄く不快でしたし、挙げ句の果てに「やってられるか!」と捨て台詞、何だかな~。
 作画も劇場版と言うことでTV版よりましだろうと期待していたのですが・・・・・同じじゃね?って思いました、だから劇場の大画面で見ると凄く情報量が少なく単純稚拙な面や粗が目立ちます。
 悪者側に利用される女の子も、何でその子なの?どういう経路なの?と言う理由付けが皆無なので消化不良です。
地球の神ブルーも殆ど役立たずで冷ややかな笑いが出てしまったのは内緒(汗)
基本設定は凄く良い物があると思うんですが料理の仕方が下手ですね、そう思うと殆どTV版と同じ感想だよね(笑)
まあ制作側が「これは面白い!」と思って創っているのだから(そう信じたいです)趣味が合う人にとっては面白い映画になるのだろうとは思いたいですが、自分はダメでした、で終わってみると凄く印象が薄かったです、つまらないとか面白いとかじゃなく強烈に記憶に残るところが無い。

 あ、フナッシーは要らなかったと思う・・・・・けど、お子さんにうけていたのはフナッシーが騒いでいるだけの場面が多かった(w


 最終的な感想は・・・・・・・・・・自分は一回観れば十分です「前売り券買ってなくて良かった~」でした(爆)
スポンサーサイト

テーマ : ハピネスチャージプリキュア! - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

No title

確かにふなっしー全然いみねーって思った。
個人的にはそれなりに楽しめたかな。

それより春が気になる。。
どうなるんでしょうか~。

Re: No title

>にゃ~むこさん

 楽しめたようでなによりです。
自分はダメだったけど(汗)

 来春が気になりますね~
どうなるにせよたぶんレモネの声は無いだろうなと。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する