朗読劇『錻力のマリアンペール』

観て(聴いて)来ました。
マリ・アンペール
朗読劇『錻力のマリアンペール』


 お話しは関東大震災数年後、未だ復興ならない帝都に湧き出した魑魅魍魎や帝国陸軍に悲恋を絡めたほの切ないお話しであります。

 お話自体凄く面白く、何よりキャスティングが素晴らしかったです、そしてそのキャストに併せた構成や演出!見事!!としか言えません。
 出演者さん達は何れも第一線で活躍している声優さん達です、演技に文句があろうはずもなく、その個性が尽く引き出されていました。
 出演者さん達誰一人として空気にならず全てスポットが当たり、その役自体に意味がある、誰一人欠けてもお話しが成り立たない、全てが上手に絡み合い、最後には各キャラピンででも後日談が出来てしまうと思われるほどの幕引きでした。

 たった一日限りの限定公演、凄く勿体ないような気がしましたが、たった一日限りだからこそ最高の舞台だったのかも知れません、これが連日公演だったら出演者さん達の身が持たないと思います、それ程全勢力を注ぎ込んだ舞台、楽しませて頂きました、最高でした。
スポンサーサイト

テーマ : 芸能一般 - ジャンル : アイドル・芸能

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する