ドキドキ!プリキュア 第46話感想

 アン王女の魂はレジーナとあぐりの二つに分かれ、入れ物である肉体はアイちゃんとなった。
最終的には一つになるのだろうと思われるのだけど、そうするとキュアエースもレジーナも消えちゃうことになるからなー、シャイニールミナスって前例もあるからどういう扱いにするんだろう?アン王女が復活しなかったらジョナサンすげー可哀想だし。

 以上素朴な疑問でした(汗)

なんかね、お話に引き込まれすぎて無粋な感想なんか書く気が失せました、と言うより言葉が出てきません、自己中も愛、博愛も愛です、大切な娘の為に全てを犠牲にしても厭わないのも究極の愛です、真逆に自分を犠牲にしても全てを守りたいってのも究極の愛です、どちらも究極の自己中であります、どちらが正しいか?なんて誰にも判りません。

ドキプリさんはどう結論を出してくれるのでしょうか?





スポンサーサイト

テーマ : ドキドキ!プリキュア - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ドキドキ!プリキュア第46話感想&考察

2014年一発目のプリキュア、そして ドキドキ!プリキュアはクライマックスです。 ドキドキ!プリキュア46話 『エースとレジーナ!誕生の真実!』の 感想です。