キラキラ☆プリキュアアラモード 第三十二話感想

 ついにビブリーとの最終決戦、はたしてビブリーは救われるのか?ってドキドキ

あら~いきなりのタイムスリップ。
ぬゎんとビブリーは旧プリキュアさんの時代の子供だったてっ、じゃあ現代じゃババアじゃん(汗

のっけから戦闘で勢いで終わった三十分でありました。
戦闘あり、「謎解きあり、和解ありの濃ゆい三十分ではありましたな、クリーマー販促バンバン
新たな武器登場で古いアイテムはもうポイなのでしょうか?
これでもう少ししたらクリスマス商戦に向けて高額箱物アイテムも出るだろうし親御さんはたまったもんじゃあありませんですな。

 で、ビブリーはどうなるのかと思いきや、予告見る限りどうもキラパテで働くようになるみたい、メイド服が似合いそうでなによりです。

 今後の展開はプリキュアさんの王道展開になるようですね。キラキラルがあるから闇が生まれる、闇はキラキラルと相反するもの、光と闇、夢と絶望、音楽と雑音、どちらか片方だけでは存在しえないもの、悪と正義、見る方向によって真逆になるもの、勝てば官軍、どう調理するやら楽しみです。



スポンサーサイト

テーマ : キラキラ☆プリキュアアラモード - ジャンル : アニメ・コミック

キラキラ☆プリキュアアラモード 第三十一話感想

 おぉっと!いきなり新アイテムの販促来ましたー
アニマルクリスタルは新しい武器に使うようですね、ってことは高額箱物はまだ先でしょうか、バンダイさん攻めますな。

 さて今週はいちかの闇落ち回かと思っていたんだけどいやいやどうしてとびっきりの親子回でした、思わず涙腺緩みました。
この回での成長というより、お母さんがいない間に成長していたいちかにスポットを上手くあてた回でありました。所謂「親がなくとも子は育つ」ってことでしょうか。

 それでも必死に我慢していた涙をちゃんと流させたあたりがとても憎い演出です、あれでいちかの子供らしさが一段と強調された感じがしました。
 
 さて来週はビブリーとの最終戦闘になるようです、今までの流れからビブリーの救済処置になるとは思うんですけど・・・。


さてさて、今日はこの辺で失礼します。
これからプリキュアさんオンリー同人イベントは遊びにいく予定です。




 

テーマ : キラキラ☆プリキュアアラモード - ジャンル : アニメ・コミック

キラキラ☆プリキュアアラモード 第三十話感想

 今週のプリアラさんは・・・ただ一人を守るため、それを悪というのなら俺は悪にもなろう 劇場版プリズマ☆イリヤ雪下の誓い での士郎の台詞を連想するような設定でした。

 キュアショコラに守るべきは妹かその他大勢かと究極の選択を迫るも結局は全部守るという王道展開でありますが、どう見せてくれるか興味津々でありましたが、心の葛藤は割りあっさり目にとえがかれていました、お子様向けアニメでありますからあまり重々しく描くのは無いと思いますが、ちょいと軽すぎませんかね?過去プリさんだとこういう設定ではもう少し踏み込んでいたと思うんですけど、それだとお子様受けしなかったんでしょうか?

 ゆかりさんとアキラさんの通う高校の文化祭が舞台でした。
文化祭の最後に一番大切な人にクッキーを送る、なかなかロマンチックですね。
で、クッキーを造るわけですが、おい!おまえら一応ってか本にも載るくらい有名になったスイーツショップのパティシエだろ、素人が作るクッキーみたいなの作ってんじゃねーよ!と突っ込みを入れながらの視聴です(笑

 アキラさんの妹は病弱で病院暮らしだという設定をもう少しうまく表現できなかったのかな?
観ている限りとても一時退院とは思えないほどの元気さだと思います、元気だからこそ一時退院できたんだって言われちゃえばそれまでなんですけどね(^-^;

 アキラさんが迷子の少女と妹の面影をダブらせるあたりはとても上手いと思いましたし他にも良い表現はいっぱいあったです。それを極度に重くせずあっさりと見せたのは狙ってやったんでしょうね。

 来週はいよいよ ラスボス いちか回です、過去にも母親関連話で闇落ちがありましたけどさてさてどうなりますことやら(多分軽め?)


 さてさて今週の話でチョコチップクッキーが食べたくなりました、後で買ってこようっと(w



テーマ : キラキラ☆プリキュアアラモード - ジャンル : アニメ・コミック