ぷるるん 水ゼリー

 先だって白州まで水信玄餅を食べに行ったのですが、その人気にあやかってかローソンから「ぷるるん 水ゼリー」というスイーツが発売されたとのこと、画像で観る限り水信玄餅とうり二つ(笑、これは!ってことで食べ比べてみるべく早速買ってきました。

水ゼリー 001
 仕事帰りに買ってきたんですが、家まで持って帰る途中で崩れちゃうんじゃないかと思いソーっとソーっと持って帰りました、結果は心配には及ばずまるで崩れなかった・・・この時点で???硬いのかな?

水ゼリー 002 水ゼリー 003
開けてみると上のトレーに水ゼリー
下のトレーに黒蜜と黄な粉のパックが入ってます

このまま食べるのも芸がないので
お皿に移してみる
水ゼリー 004
その時は解らなかったんですが
こうして画像で観ると
なんかザラッとした感じ

では早速
水ゼリー 005

 スプーンですくおうとしたら・・・硬いです、画像を見ても解るようにスプーンを刺した跡がエッジが立ってます、「すくう」と言うよりスプーンで切り崩すって感じ、こりゃ持ち運んでも崩れないわけだ。

 って、口に入れるとぐにゃっとした食感、これは何かに似ているな~とつらつら考えるに・・・そうだ!これ蒟蒻ゼリーや葛餅に近いわ、味的には黒蜜と黄な粉で葛餅に似てる。
 だから口の中で解けるとかじゃなくてちゃんと咀嚼しないとダメっぽい。

結果として味や食感は好みの問題だから割愛しておくけど、水信玄餅とは似て非なるもの、ってかまるで別物です、似ているのは見た目だけでありました。
スポンサーサイト

テーマ : スイーツ - ジャンル : グルメ

キラキラ☆プリキュアアラモード 第二十五話感想

いやいやいやいや。
もう感想なんてどーでもいいくらいお尻がムズムズしちゃいました。

完全なるアキラ&ゆかり回じゃねーですか。
つか、もうまんま塚ですよね~、TVの前でキャーキャー言ってるお母さん方が想像出来ちゃいました、たぶん幼女様はポカ~ン???が多かったんじゃないでしょうか。

 王子さまは完全に当て馬だったけど(w

最後にアキラが男だと思ったまま去る王子に対して否定しなかったのはゆかりさん最高のいたずらでしたねぇ、焦ってるアキラとの対比が最高でありマスタ。

さて来週は夏休み回ってことで、あら?水着回でもあるようです、あきらとゆかりの水着もあるのかな?(ゲス顔w


テーマ : キラキラ☆プリキュアアラモード - ジャンル : アニメ・コミック

キラキラ☆プリキュアアラモード 第二十三&二十四話感想

 最近色々と訳ありで忙しく、とりあえずプリキュアさんは視聴してますのでザックリと感想を。

先週はピカリオがお亡くなりになったので唖然としていました、まあいずれ復活するんだろうとは思いましたが、今週話で死んだのではなく所謂仮死状態みたいですね、そりゃいくらなんでも最近のお子様番組で殺しちゃまずいだろうとは思っていました。

 新たな敵や新しいアイテムらしき物まで出てきたので新章突入になるようです。
さておき、パルフェが転入生として学校へ入ってきたのはいいんですけど、あら?みんなの前で妖精に戻っちゃいましたよ、そりゃもう学校は大騒ぎ、どうやって収束させるんだろう?と見ていたんですがまさかこのままなし崩しで無かった事にしちゃう雰囲気プンプンなんですけど(汗

 しかしまあ、お腹が減ると人間体でいられなくなるとか、完璧そうだけど世間知らずで何処かヌケていたりとか、さっそくパルフェのへっぽこ化が始まっちゃいました。

 やっぱ主人公たるホイップが霞まないようにしているのかな。


テーマ : キラキラ☆プリキュアアラモード - ジャンル : アニメ・コミック

金精軒 水信玄餅

 梅雨なので当初ぐずつき予報だった日曜日、土曜夜の天気予報では降水確率ゼロ%に変った山梨県地方、これは!とばかりに数年越しの野望を胸にそそくさ出発準備、しかし日曜は朝寝を決め込むつもりだったので支度が終わって寝床に入ったのは23時過ぎ、うつらうつらとしながら午前3時には起きだしてジェンマ引っ張り出したりトップケース付けたりで出発は明るくなってからでありました。
 即座に中央高速へ乗り一路山梨を目指します。

水信玄餅 001

 ちょっと早すぎるかな?ってことで甲府昭和で高速降りて20号をテレテレ、いつものように釜無川沿いの公園で一休み、日曜なのでツーリングのバイクが結構走りすぎていきます。
 帰ってから気づいたけどツーリングなのにジェンマの写真はこれ1枚だけだった(汗)

 目的は白州にある和菓子屋さん金精軒、6月~9月の土日のみ販売される「水信玄餅」です、3年ほど前から行こう行こうと思いつつタイミングが合わなかったので、気分が乗った今しかない!
 「水信玄餅」は賞味期限がなんと30分しかない和菓子です、それ故お持ち帰りもお取り寄せもできず期間内の販売日に現地まで出向かなければ食べられません。

 金精軒さん自体は30年ほど前から知っていたし山梨や長野旅行の際は度々寄っていた和菓子屋さんです。
20号線から一本外れた旧甲州街道沿いにひっそりとあるお店、最後に行ったのは3年ほど前の秋だったから水信玄餅は販売期間終了してました。

 ぶっちゃけいつ行っても静かなたたずまいだったのでその感覚しかなかったんですよ。
で、到着したのは午前8時、お店反対側の駐車場に停めるつもりでいたらお店の大分前の交差点で誘導係らしきおっちゃんに止められた、はて?今日はお祭りでもあって交通規制しているのかなと思ったら・・・・
 水信玄餅ご希望のお客さんは少し離れた町営駐車場へ行ってくださいですと・・・えっ?バイクも停められないほどってことですか?!

 町営駐車に行ってみればほぼ満車、そこからお店まで歩いていけば・・・わっ!すげー(驚き)
後でざっと数えたら周りの駐車場全部で約200台停車してた(バイク含む)
ナンバー見たら関東一円やら関西やら、凄いなー。

水信玄餅 002
行列できてるし(汗

水信玄餅 003 水信玄餅 004
ぬわんと整理券配ってますやん
貰った整理券67番
これ67人目じゃなくて1グループ1枚だから67グループ目ってことです。


水信玄餅 005
一回につき50グループずつ
賞味時間が30分だから自分は9:30からの組

一時間ちょっとの待ち時間
整理券配布のお兄ちゃんと話をしてたら
だいたい10:30くらいで整理券なくなるようです。
夏休みに入って繁忙期だと
朝6:00くらいから整理券配布するそうです。

しかし「こんなに人がいるの初めて見た」って言ったら
口コミで噂が広がった3年ほど前からこうなりましたと言ってた
因みに整理券配布は昨年からだそうです。

続きを読む »

テーマ : スイーツ - ジャンル : グルメ

キラキラ☆プリキュアアラモード 第二十二話感想

 やはりジュリオはピカリオだったという衝撃の事実が明されました(棒読み)
弱った心をノワールにつけこまれたんですな、って要は極度のシスコンですやん、でキラリンは極度のブラコンで・・いいの?お子様向けアニメでこんなシチュエーション、まあそこから先はなさそうだから安心(爆

 だからホイップがピカリオのシスコンを見破ってピカリオはそれを認めて万事解決ってことなのかな?
端的に言っちゃえばそう言うことだよね?

 来週ではピカリオを闇落ちさせた原因が自分にあると分かったキラリンが闇落ちしちゃうようですが、それをはねのけてキュアパルフェ爆誕って流れのようです。
 多分1~2週はパルフェ無双になりそうですね、その後弱体化はお約束です。

ツー事で、日曜は早朝から出かけておりましたゆえこんな感想になりました。


テーマ : キラキラ☆プリキュアアラモード - ジャンル : アニメ・コミック

キラキラ☆プリキュアアラモード 第二十一話感想

 素材の買い出しで鉢合わせしたいちかとシエル、シエルは何故いちかのスイーツにキラキラルが溢れているのか知りたくてつい「キラキラル」と言う言葉を口に出してしまいます、が、いちかも気にせずキラキラルと口に出し、・・・
 慌ててごまかす二人、しばし冷静に考えて何故キラキラルというものをしっているのだろう?とさらに疑問が増える二人です。

 そんな時、イチゴ山に妖精たちが戻ってきます、尽力したのはかつての敵妖精でありました。
そこでお祝いのパーティを開くことになりワイワイやっていると・・・・・。

 あぁ!ゆかりさんが妖精のおなかを撫でている、妖精さんは仰向けに寝そべってすげー気持ちよさそうってかエクスタシー顔ですな。
 ゆかりさん立膝姿で撫でてますやん、妖精からは丸見え・・・って何が(w
いやいや、そんなシチュエーションなら妖精になってお腹よりもう三寸程下を撫でまわして(*´Д`)ハァハァ・・・いや何でもありません(爆

 パーティ真っただ中に駆け付けたシエル、実は海外修行に出ていた妖精だったとは驚きです(棒読み)
シエル=キラリン 正体バレ驚愕(棒読み)

 シエルはいちか達がプリキュアだと知ってこれまた驚愕。
そんなところへビブリー襲来
 自分のキラキラルをぬいぐるみに大量投入して挑むも敗退(お約束)

そこへノワールより新たな力を授かったジュリオ襲来

 次週へ続く

つがいかと思っていたら双子なんですね。
妖精名はピカリオですか、パリでの修行で躓いて逃げ帰った挙句逆恨みってパターンでしょうか。

余談ですがピカリオときいてカラリオ(カーオーディオメーカー)を思い浮かべてしまいました(爆)

 キュアパルフェの登場は次週ではなくもうチョイ先のようですね。



テーマ : キラキラ☆プリキュアアラモード - ジャンル : アニメ・コミック