スイートレモネード

収穫しました
スイートレモネード 122
 今年は随分と立派な実が付きました、数も昨年の倍近くでした、陽当たりのよくない場所には小さい実がまだ数個残ってます。

 来年はマーマレードが造れるくらいなってくれるとうれしいな。
スポンサーサイト

テーマ : 果樹栽培・畑作・稲作 - ジャンル : 趣味・実用

春だねぇ

 昨日は曇りの天気予報が明けてみれば晴れでした。
所用で出かけた折り通りかかった近所にある公園の桜並木、朝通ったときは蕾だったのに昼頃の帰り道では蕾がほころんでいました。
桜 001
 ポカポカ暖かかったので開花が始まったみたいですね。

下を見れば
土筆 001
土筆♪

春だねぇ(*^_^*)

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

魔法つかいプリキュア!第八話感想

 今回のミッション(補習^^;)はペガサスと記念撮影、天翔る馬との記念撮影には箒で上手に空を飛べる事が必須条件、みらいは箒にまたがり後先考えずに飛び出しますが・・・みらいは箒で飛ぶことが出来なかったという顛末。

 最初は落ちますが、しっかり飛んでますやん(笑
出来ると信じれば何でも出来る、この場合思い込みの激しい子の方が上手く魔法を使えそうですね。

 落ちた穴の中にある森で怪我をしたペガサスの子供をみつけます。
薬草でもあればというところで見つけた花園には巨大な花が、その回りに沢山の動物たちが集まっていました。
どうやら花の甘い香りには治癒の力があるようです。

 怪我の治った子馬の元へ母馬登場。
此所で一気に記念撮影?と上手く行くはずもなく敵さん登場であります、そしてあろう事か母馬をヨクバールにしてしまいます。
元が元だけに攻撃できないミラクルマジカル、さあどうする。

 新たに見つけたリンクルストーンの力で母馬解放、ヨクバール本体撃退、ついでに仲良くなったペガサス親子と記念撮影でミッションクリアと終盤は駆け足でした。

 ちょっと気になったんですがビジュアルで見せるよりも説明というか台詞での表現が多い気がしました、小さい子にはその方が判りやすいのかな?あまり説明が多いとお話の内容よりも諄さが目立ってしまうと思われますのでさじ加減が難しいところだと思いました。

 さて来週はいよいよ最終課題、つーことは春休みも終わることですしいよいよ無し魔法界へ戻ってのお話しが始まる訳ですね、今までが序章というかプロローグみたいなものでこれから本格的にお話しが動き出すのかな。


テーマ : 魔法使い プリキュア! - ジャンル : アニメ・コミック

広島土産

 ヲタ友達のおさむ氏より広島のお土産を頂きました、尾道ラーメンと広島レモンサイダー。
広島土産 001
 広島はレモンの産地として有名ですよね、尾道ラーメンもご当地グルメとして名が知られています、いつも檸檬娘檸檬娘って騒いでいるからレモンサイダーは判るんですが何故にラーメン?いや嫌いじゃないしむしろ大好きですけど・・・
 そうしたら僕のHNが小野路だから語呂合わせって事で(笑
いえね、ぼくのHNって小野路って書いて「オヤヂ」って読むんですよ、おさむ氏現在はしっかり知っているんですが当初知り合ったころは「おのみち」と読むのだと思っていたからさってことでありました(笑)
そんなジョークを伴ったお土産、ありがたく頂戴しました。

 余談ですが殆ど方が「小野路」をオヤヂではなく「おのみち」と読みます、別にどう読んでくれても構わないんですけどね、ただうららだけはとある出来事により僕のことを「おのじ」さんと呼びます、だから妄想ブログ記事でもうらら以外が僕を呼ぶときは「小野路」さんという呼び表現になっているんですよね。

テーマ : ヲタク人日記 - ジャンル : アニメ・コミック

甲鉄城のカバネリ先行上映会

 20日、この4月から放送開始となアニメ「甲鉄城のカバネリ」、その先行上映会「甲鉄城のカバネリ 序章」を観に帝都新宿ピカデリーまで出かけてきました。(いや~、帝都行くのなんて電車なんて乗るのなんて半年以上振りだから戸惑いました^^;)
カバネリ 001
 第3話までの先行上映の後、出演者さん達の舞台挨拶がありまして結構熱いものがありましたね。
観るまでは先に公開されていた情報や粗筋を読む限りありきたりなゾンビものと何ら変わりがないのでどうなん?って思っていましたが、いざ先行上映を観たら俄然本放送が楽しみになってきました。

 本放送前ですので細かいネタバレは伏せますが、大雑把に言えば等身大の進撃の巨人とバイオハザードをミックスしたようなお話しでしょうか、こう書いてしまうと何の新鮮味もない使い古されたネタですよね、しかしそれを脚本と演出、出演者さん達の熱い演技で此所まで面白くできるんだなと感心しきり。
 料理で言えばありふれた材料でも調理人の腕で素晴らしい料理になるのと同じだナーと思いましたよ。

カバネリ 002
 入場特典で頂いたミニ色紙です、「可愛すぎてツライ!」と監督のコメントが書いてあります(笑)
確かにこのキャラ「無名」が可愛かった、可愛すぎてツライ!ってよくわかります、メインになる女性キャラが3名いるんですが、舞台挨拶の時にその3名の内誰が好きか?と客席に問いかけていましたけどね、伊瀬さんファンの自分としては伊瀬さん演じるところの侑那に挙手したいところでありましたが、正直に無名に挙手致しました(^_^;)

「甲鉄城のカバネリ」公式はこちら

テーマ : ヲタク人日記 - ジャンル : アニメ・コミック

映画プリキュアオールスターズ

 映画プリキュアオールスターズ、公開二日目朝一番の回を観に行ってきました、公開二日目朝一番の回だというのにお客さんはザッと数えて50人ほど(汗)田舎なのでこんなもんか?蛇足ですが大きなお友達が自分含めて3名ほどおりました(笑

映画プリキュアオールスターズ 001
 プリキュアさん達がガッツリ活躍する正にプリキュアさんの映画であります、そして当初立派なプリキュアになりたいと言っていたまほプリさんたちが何の為に戦うのかハッキリ理解するお話しでありました。

 先に発売されたプリキュア新聞に寄りますと、プリキュアさんそれぞれに活躍場面があるってことだったんですけど・・・まあ誇大広告ですね(汗)
 でも制作側は良くやった方だと思います、これ以上はもう無理でしょ。
と、貶しているわけではありません、今回の劇場映画は複数回でも観てみたいと思える映画でした(うらら抜きにして^^;)

テーマ : プリキュア - ジャンル : アニメ・コミック

魔法つかいプリキュア!第七話感想

 人魚の里で新たなリンクルストーン、サファイアを手に入れるお話しでした。
以前の感想でも書きましたがお話しの流れが友情や交流など人との関わり合いを凄く判りやすく且つ大切なものとして非常に判りやすく描いています、それも変に仲良しごっこにすることなく素直な流れで表現している事に感心します。

 そして今週の感想をばと思いましたが・・・いや~参りました、サファイアフォームに変身したキュアマジカルのおへそに総て持って行かれました、ごちそうさまです(笑
 更にはサファイアのブルーは知性の青というのもかれんさんを思い出させて頂きました、ありがとうございます。

今週の個人的総評

 マジカルのおへそは凄く良いものですな(^_^;)


テーマ : 魔法使い プリキュア! - ジャンル : アニメ・コミック

本日は

 朝一番の映画プリキュアオールスターズを観に行ったのでまほプリさんは録画予約をしておきました、映画はねもう完全なるプリキュアさんメインだったのでガッツリとプリキュアさん達を堪能できました。

 それで夜はアニメ「甲鉄城のカバネリ」のイベントで帝都まで出向きますのでまほプリさんの感想は後日書けるかな(汗
帝都まで出向くしイベントは夜なので帰宅は日付変更線を回ってしまうと思われます。

 1日中アニメ漬けだわな(笑

テーマ : ヲタク人日記 - ジャンル : アニメ・コミック

プリキュア新聞

 19日公開の映画プリキュアオールスターズに併せて今回も日刊スポーツからプリキュア新聞が発売されました、発売は11日夕方だったのですが、朝は仕事帰りにコンビニで買う気満々で出かけたのですけど、夕方は仕事疲れですっかり忘れそのまま帰宅してしまいました(汗)

 いえね、家の近く、歩いて行ける範囲にコンビにあるんだけどもうね、次の日でいいやって、買ったのは土曜日でした(^_^;)

プリキュア新聞 001


プリキュア新聞 002 プリキュア新聞 003
 今回は個人的に随分と読み応えがありました、初代様のインタビュー有り、姫プリさんの記事有り、鷲Pのコメント有り、今回の映画は総勢44人のプリキュアさんそれぞれに見せ場があるようなことも書いてあり、ってことは当然レモネードにもスポットが当たるのか・・・な?
いやいや公開が楽しみだ。

そして来年があるとしたらさすがに人数的に無理がってことも書いてありました、いよいよ来年はールスターズの呈も終演を迎えるのでしょうか。

テーマ : プリキュア - ジャンル : アニメ・コミック

魔法つかいプリキュア!第六話感想

 どうやら魔法は個人が身に付ける能力ではなく「魔法の杖」が無いと使えないようです、魔法の杖は人の精神力を具現化する道具って事でしょうか。
 だから魔法界では子供が生まれた時にその精神に同調した専用の杖が魔法の樹から生まれるってことでいいのかな?つーことはその専用の杖じゃないと魔法が使えないって事かしら。

 リコが魔法の実技が苦手だったのはお姉ちゃんを超えることばかりに拘って純粋な精神集中が出来なかった事が原因だったようですね、目標を持つのは凄く良いことだけどそれだけに拘ってしまっては本末転倒と言ったところでしょうか。

 最後は素直な気持ちに反応して上手く魔法が使えたようでめでたしめでたしの〆でありました。

こうやってだいたいの粗筋を追って感想書いていると、戦闘や販促はオマケで少女の友情や心の成長をしっかり描こうとしている作品なんだなと気付きました、このまま一年しっかりと積み重ねてほしいものであります。


テーマ : 魔法使い プリキュア! - ジャンル : アニメ・コミック

魔法つかいプリキュア!第五話感想

 補習授業の第二課題は魔法のケトルでお湯を沸かすこと、魔法職人が造ったケトルなので凄く容易な初歩の魔法のようですが、そこはやはり補習だけあって簡単には合格させてくれないようです、魔法には集中力が必要だと言うことでテストは極寒の場所で行われます、みんな寒すぎて集中できずに悩む中、みらいの発案により押しくらまんじゅうで身体を温めようとしますがリコは気に入らない様子で加わりません、そんななか身体の温まったみらいは初めて魔法を使えて大喜び、他の生徒も合格します。
 リコとみらいは二人でワンセットですからどちらか片方が成功すれば合格なのでみらいが成功した時点で合格なのですがそれが気に入らない様子です。

 そこでいがみ合いに発展するのかと思いきや、以外と素直に収まりましたね、気持ちのすれ違いにお互いが気づいて歩み寄りより仲良くなる回だとは判っていますが、描き方があまりギスギスした仲違いにしなかったのは良い演出だと感じます。
 二人の素直な気持ちがストレートに伝わる良い描き方でありました。

 演出と言えばバトルシーンにしても初代を彷彿させる場面が多々ありかなり熱いです、更に気付いたのですが今日のフォームに変身するシーン・・・というかコスチュームはみらいの胸がしっかりありますやん、ピーチさん位のオッパイがある、変身前はペッタンコなのに。
 変身後は若干お姉さん風なビジュアルだから多少胸があっても違和感皆無ですな(笑)

と言うことで、今日の回ではれて二人はお互い名前を呼び捨てするようになりました、若干恥じらう顔が照れくさそうで観ているこっちが照れてしまいました(^_^;)

 そいえばCMの合間に映画の宣伝が流れていましたがマジでミュージカルのようです、まあああ言うCMは良いとこ取りなので全編通すとどうなるかは実際観てみないと何とも言えないですが、楽しめることを願っています。


テーマ : 魔法使い プリキュア! - ジャンル : アニメ・コミック